卵子ドナーを増やすための方法

卵子ドナーを増やすための方法

アメリカなど海外の国では、卵子を提供してくれる女性に対して報酬謝礼金を支払うことを約束し、卵子を採取しています。
この卵子ドナーとして登録しているのは留学生が多く、若いことからたくさんの卵子がとれること、自らも留学の費用などを賄えることなどから、希望する人が多いと言われています。
ただし、何度も卵子の採取を行うと、将来自らが不妊になる可能性も捨てきれないこともあって、報酬謝礼金は魅力的であっても、医師と相談しながら慎重に進めていく必要があります。
卵子の採取は海外の病院で行われますので、そのあたりの意思の疎通がむずかしいと感じる点なのではないでしょうか。
この点は今後、最先端の生殖医療としての改善点が望まれるところです。
日本では無償の卵子ドナーを募集する団体がありますが、謝礼金を出す団体との両方があってもよいと思います。
動機は違えど卵子を提供するという事実は同じですので、提供者が納得する方法で卵子ドナーになってもらえたらよいのではないでしょうか。
それが、子供を望む夫婦側の選択肢にもなります。
無償なら助かるという人もいれば、よりよい条件の卵子を求めてお金を払ってでも受け取りたい、という人もいるでしょう。
不妊治療は確実に変わり始めていると言えそうです。
人気の報酬謝礼金エッグドナー(卵子ドナー)募集中!EggDonorCenter