四季折々の食材を和洋折衷にアレンジした料理がたのしめる麻布十番かどわき

四季折々の食材を和洋折衷にアレンジした料理がたのしめる麻布十番かどわき

麻布十番のかどわきの大人気オリジナルメニューであるトリュフ御飯は、西洋の大人気高級素材を和の要素で炊き込んだもので、これを目当てに通う常連さんが少なくありません。
かどわきを利用したら必ず食べたいトリュフ御飯を筆頭に、かどわきには四季折々の食材や京都の伝統野菜、珍味や高級食材を使った和洋折衷のコラボが楽しめる料理が多彩にお目見えします。
「胡麻豆腐とビーツのお味噌 大黒しめじと九条葱添へ」は関西ではおなじみの滑らかで滋養深い胡麻豆腐に京都の旨味たっぷりの大黒しめじと伝統野菜の九条葱が楽しめる一品です。
「白菜と菊のおひたしと松葉カニ 千社唐味噌漬」は冬の代表的な食材と千社唐味噌のコラボです。
「鶉つくね蓮根はさみ揚げ朝鮮人参・銀杏添へ」は珍しい鶉のつくねに希少食材である滋養ある朝鮮人参を合わせた珍しい料理です。
「鯛の白子豆腐・鮑の肝味噌田楽・天豆艶煮」は高級魚である鯛の希少な白子で豆腐を作り、高級食材のアワビの肝味噌で田楽にした斬新な一品で、艶やかな空豆が彩をそえます。
見た目も美しく、珍しい食材を組み合わせた料理が多いため、いつ訪れても飽きがきません。
今宵はどんな一皿が登場するのかと楽しみに訪れるお客さんが多いのも納得です。