電力の自由化をもっと活用しましょう

電力の自由化をもっと活用しましょう

電力の自由化はすでに一般家庭にも及んでいますが、もっとも早く電力の自由化が行われたのは特別高圧です。
特別高圧とは、工場やデパートなど多くの電力を消費する契約者で、高圧な電力を直接引き込むため大規模な施設が必要になります。
受電電圧が20,000V以上、契約が2,000kW以上が対象となります。
また、20kV以上なら第三種電気主任技術者、60kV以上なら第二種電気主任技術者が必ず待機していなければなりません。
一般に先駆けて行われた電力の自由化により、特別高圧はかなり割安な電気料金で電力を利用することができます。
しかし、割安なはずだからと見直しを長らく行っていない場合、他に新しい料金プランが存在する可能性があります。
特に、新電力の技術革新には目を見張るものがあり、お得な料金プランを提示しているところも多いため、比較検討することで新たにお得な料金プランを見つけることができるかもしれません。
タイナビスイッチで比較してみてはいかがでしょうか。
高圧を扱うため乗り換えには万全を期さなければなりませんが、かと言って高い電気料金を使い続けることはありません。
経営に資するものであれば、検討の余地があるのではないでしょうか。
http://koatsu-denki.com/denryoku-free-consultation.html