賃貸経営のリスクを減らすためには

賃貸経営のリスクを減らすためには

賃貸経営のリスクを減らすためには、どのような物がリスクになるのかをしっかりと事前に調べておく必要があります。
基本的に賃貸経営のリスクとして挙げられるのは、「不動産の老朽化」、「空室」、「家賃の下落」、「金利の変動」、「地震や火事などの災害」の5つが挙げられます。
特に空室などは収入に直接的なダメージが生じるために絶対に避けたいリスクになります。
空室にならないために重要な事は、購入する不動産を選ぶ際に、駅からの距離であったり、周りの立地条件、治安状況、部屋と周りのニーズのマッチングなど細かくチェックする必要があります。
もちろん周辺エリアの家賃相場なども参考にしながらしっかりと選ぶことが重要になってきます。

しかし、初心者の方に不動産の良し悪しを見分けるのはかなり時間と労力がかかることになります。
そこが不動産投資の難しい所でもあり、面白いと言われている所でもあります。
しかし、勉強する時間も労力もないという方の場合には、みんなで大家さんなどのサービスを利用するのもおすすめです。
みんなで大家さんでしたら、利益が出やすい不動産を最初から厳選して用意してくれておりますので選ぶ必要がありませんので、初心者でも安心して賃貸経営にチャレンジすることが出来てしまうのです。

https://www.minnadeooyasan.com/